お問合せ|下高井戸駅前クリニック みみはなのどプラス(東京都杉並区下高井戸1丁目|下高井戸駅)耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科・神経内科・精神科・心療内科

耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科
アレルギー科・
内科・心療内科
168-0073 東京都杉並区下高井戸1丁目2-1
電話番号:
03-6379-2071
診療時間:詳細はこちらから

診療案内|杉並区,下高井戸駅前クリニック,耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科、神経内科、精神科、心療内科
お知らせ|杉並区,下高井戸駅前クリニック,耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科、神経内科、精神科、心療内科
医師紹介|杉並区,下高井戸駅前クリニック,耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科、神経内科、精神科、心療内科
アクセス|杉並区,下高井戸駅前クリニック,耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、アレルギー科、神経内科、精神科、心療内科

--- お知らせ ---

■ お知らせ (11/22)


○最終受付時間のお知らせ

10月から午後の最終受付時間が変更となります。

・月曜日、火曜日、金曜日    

 午後6時 → 午後5時45分

・水曜日            

 午後7時 → 午後6時45分

ご不便をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。


内科休診のお知らせ

12月 6日(火) 午後 

12月 7日 (水)  午前・午後


○耳鼻科代診のお知らせ

12月 3日(土)午前と12月10日(土)午前 

院長不在のため、代診医師による診察となります。


○新型コロナワクチン 

5回目のコロナワクチンの予約を受け付けております。

11月2日以降はオミクロン株対応BA4/5となります。

詳細は下記「新型コロナワクチン」の内容をご確認ください。



インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンの接種、予約を行っております。

ご予約は、お電話もしくはWEBにて。

12歳以下で今までインフルエンザワクチンを接種したことのないお子様は、当院では接種を行っておりません。


※インフルエンザワクチンのみで受診の方は診療開始の9時と14時は混み合うことがありますので、

 可能でしたら9時半、14時半以降に受診いただけますようお願いいたします。


インフルエンザワクチン      

3000円(税込)

防腐剤を含まないインフルエンザワクチン(チメロサールフリー)     

3500円(税込) 


以下の方はお電話でご予約ください。

・1歳〜2歳のお子様

・ご兄弟など複数人でのご予約を希望される方

・チメロサールフリーをご希望の方


チメロサールフリーワクチンとは・・・

従来防腐剤として使用されている微量の水銀やホルマリンが含まれていないワクチンです。

小さいお子様や妊婦の方、また従来のインフルエンザワクチンで接種部位が腫れたり、痒くなる方におすすめです。


※高齢者のインフルエンザ予防接種は23区、三鷹市、武蔵野市の方が対象となります。予防接種予診票をご持参ください

※杉並子育て応援券をご利用いただけます。

世田谷区のお子様対象の予防接種費用助成はご利用いただけませんのでご注意ください。

未成年のインフルエンザ予防接種は原則保護者の同伴が必要です

ただし、高校生(15歳から18歳)までの方については、保護者の同意があれば、保護者の方が同伴しなくとも接種を受けることができます。


同意書のダウンロードはこちら


*新型コロナワクチン


当クリニックにて新型コロナワクチン接種を行なっております。


<対象者>

対象者は自治体から発行された3回目以降の新型コロナワクチンの接種券をお持ちの方です。 いずれも3ヶ月間隔で接種可能です。

杉並区以外にお住まいの方も受け付けております。

ご予約は、電話もしくはクリニックの受付にてお取りいただける枠と杉並区のホームページからお申し込みいただける枠がございます。

 


ご不明な点はお問い合わせください。


*高齢者肺炎球菌「定期」予防接種

東京23区の接種券をお持ちの方は当院で接種が可能です。

令和3年10月1日以降の接種は、杉並区と世田谷区で自己負担額が1500円に変更になりました。

費用助成はお一人につき生涯1回限りです。(区によって異なりますのでご確認ください。)

電話で予約をお願いいたします。


*帯状疱疹ワクチン


帯状疱疹ワクチン(水痘ワクチン)

50歳以上の方が原則対象になります(任意接種であり、1回接種です)。 アメリカの調査では、同ワクチンにより帯状疱疹の発生率が約50%減少し、帯状疱疹後神経痛の発生率も約67%減少しました。 予防効果は接種後3~11年で減弱するといわれています。 費用は8000円です。電話で予約をお願いいたします。


帯状疱疹ワクチン(シングリックス 不活化ワクチン)

2020年1月に新しい帯状疱疹ワクチンである「シングリックス」が発売となりました。 シングリックスは50歳以上が対象の、帯状疱疹を予防するためのワクチンです。 2ヶ月間(最大6ヶ月まで)あけて2回筋肉内に接種を行います。 シングリックスは不活化ワクチンのため、6日以上あければ他のワクチンを接種することができ、免疫抑制をきたす治療を受けている方などでも接種が可能です。 帯状疱疹の予防効果は50歳以上で約97%、70歳以上で約90%と非常に高い効果が報告されています。 帯状疱疹後神経痛(PHN)の発症を減らす効果も期待できます。費用は1回22,000円(税込)と高額となるため、ご希望の方はまずお問い合わせください。


風疹ワクチン 先天性風疹症候群の発生を防ぐために、風疹抗体および風疹予防接種が推奨されています。昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性を対象に風疹抗体検査および風疹予防接種を行っております。
予防接種費用は、クーポンをお持ちの方、19歳以上5
0歳未満の妊娠を希望している女性の方には全額助成がありますので、接種票をご持参ください。
ご不明な点、予約は電話でお問い合わせください。


内科からのお知らせ

新しい「片頭痛」の治療

片頭痛予防薬「エムガルティ」「アジョビ」「アイモビーグ」


*片頭痛の患者さん(頭痛もち)は、いつ頭痛が起きるか予測できないために不安であったり、仕事に集中できなかったり、いろいろな約束が

できないなど生活の質(QOL)が低下します。

これまでも発作時に服用する急性期治療薬がありましたが、当院では新しい予防治療薬(発症抑制薬)「エムガルティ」「アジョビ」「アイモビーグ」を採用しています。

 片頭痛発作が起こるのを抑えるための新しいタイプの薬です。

1か月に1回程度の注射の継続で改善が得られます。保険診療の適応ですが、1回あたり14000円程度の費用がかかります。

 これらの薬のメリット

  1. 頭痛の回数が減少する
  2. 急性期の治療薬の効き目が良くなる
  3. 日常生活の支障が軽減するなど。
ご希望の方は内科外来でご相談ください。

--- 私たちの思い ---

私たちは、「みみ、はな、のど」のことならなんでも安心して気軽にかかかれるような、地域のかかりつけ医の役割を果たせるようなクリニックを目指しています。耳あかを取ってほしい、鼻水を吸ってほしいといった些細なことから、つらい症状を伴う病気まで、何でもご相談ください。

「+プラス」では、内科、心療内科の患者さんを診察いたします。体調に不安があったり、どこにかかったらよいか分からないときにも内科と心療内科の専門医に気軽にご相談ください。また耳鼻科で来院した同日に診察が可能な利点をどうぞ活かしてください。高血圧、糖尿病、脂質異常症から、物忘れ、頭痛、ふるえなど、またストレス社会で不眠や不安を感じる方もご相談ください。
皆様の健康をサポートしていけるような、地域に根差したまちのお医者さんとして、小さなお子様からご高齢の方まで安心して受診していただけるよう、クリニックスタッフ一同努力してまいります。




--- 診療時間 ---

※10月より最終受付時間が変更になります。

 月・火・金 最終受付 17時45分

 水     最終受付 18時45分

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

木曜午後の心療内科については予約のみ診療を受け付けております。

※心療内科は電話でのみ予約を受け付けております。
【休診日】土曜午後、日曜、祝日

受診・予約方法について

  • 当日〜30日間のご予約が24時間可能です。
  • ご希望の方は予約日前日に予約システムからお知らせ(リマインドメール)をお送りいたします。
  • 予約時間の5分前目安にご来院ください。
  • 診察は時間帯予約制となります。同じ予約時間帯の中で複数の患者様がおられますので、来院された方からのご案内となります。
    ただし、診察内容等により順番が前後したり時間が遅れたりする場合はございますのでご了承ください。
  • 予約無しでも診察可能です。ただし予約の方優先とはなりますのでお急ぎでしたら事前のご予約をお勧めいたします。

--- 当院の特徴 ---

舌下免疫療法

当クリニックでは舌下免疫療法を行っております。

舌下免疫療法はアレルギー性鼻炎に対する治療のひとつで、スギとダニのアレルギーに対して行うことができます。

スギやダニの抗原を少量ずつ身体に取り込むことによって、身体をスギやダニに対して慣れさせていきます。
一般的にアレルギー性鼻炎は喘息と異なり、小児期に発症し大人になるにつれて症状が軽くなるものではありません。
将来的に抗アレルギー薬を減量したい方や抗アレルギー薬のみでは症状が十分に抑えきれない方には舌下免疫療法がおすすめです。

スギ花粉アレルギーの舌下免疫療法は花粉が飛んでいない時期(6月から12月)に開始する必要があります。

ダニアレルギーの舌下免疫療法は一年中いつでも開始することが可能です。

ぜひお問い合わせください。

トリクロール酢酸を用いた下鼻甲介粘膜焼灼術

当クリニックではアレルギー性鼻炎に対してトリクロール酢酸を使用した下甲介粘膜焼灼術を行っています。

アレルギー性鼻炎は空気中を浮遊しているスギなどの花粉やハウスダストなどのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着する事で引きおこされます。

トリクロール酢酸を用いた下鼻甲介粘膜焼灼術はアレルギー反応の主な場所である下鼻甲介にトリクロール酢酸を塗布することによってアレルギー反応を抑える治療法です。

症状の改善度は鼻づまりに対して約70%、鼻水に対して約60%、くしゃみに対しては約50%といわれています。

個人差がありますが、効果は1~2年間持続します。

また効果が切れた場合は、繰り返し手術を行うことができます。

スギ花粉の飛散する時期の前に行う必要がある治療ですので、ご希望の方は12月中の治療をおすすめしております。
ぜひお問い合わせください。

慢性上咽頭炎とBスポット療法(EAT)

上咽頭は鼻の一番奥の部分で、鼻と咽頭の境目に位置します。そのため、鼻から入ったほこりや細菌、ウィルスがつきやすい部分です。
免疫力がある場合は感染を起こしてもすぐに治ります。
しかし、疲れやストレスなど免疫の低下した状態では炎症が自然に改善せず慢性化してしまうことがあります。

上咽頭炎があると、のどが痛い、鼻の奥に違和感がある、鼻がのどに流れ落ちる(後鼻漏)、喉や耳の違和感、頭痛、肩こり、全身疲労感、めまいなどの症状につながるといわれています。

新型コロナウィルス感染症の後遺症と上咽頭炎の関連が指摘されており、当院では新型コロナウィルス感染症の発症から1ヶ月経過した後遺症の方を対象にBスポット療法を行なっております。

Bスポット療法とは、上咽頭に塩化亜鉛をという消炎剤を直接塗布する治療法で、週に1~2回の頻度で行います。
上咽頭の炎症が強い方ほど処置後は痛みを強く感じ、翌日まで痛みや鼻汁が続くこともありますが、治療を続けるうちに痛みは徐々に軽くなります。

ご希望の方はどうぞお問い合わせください。

このような症状の際には是非ご相談ください

  • 耳が痛い
  • 耳がかゆい
  • 耳だれがでる
  • 聞こえにくい
  • 耳鳴がする
  • めまいがする

  • 鼻づまりがある
  • 鼻がムズムズする
  • 鼻水がでる
  • 鼻がくさい
  • 匂いがわからない
  • 鼻血がでる

  • のどが痛い
  • のどが腫れた
  • のどの違和感がある
  • 声の調子が悪い
  • ものが飲み込みにくい

--- アクセス ---

 最寄り駅からの道案内 

京王線・東急世田谷線 下高井戸駅前徒歩1分
京王線下高井戸駅の改札口を出て直進、北口出口の階段を下り、下高井戸駅前市場の後ろにあるバオバブの木(自然食品店)の隣

医院名下高井戸駅前クリニック
みみはなのどプラス

院長渡邉 麗子
副院長渡邉 弘美
所在地〒168-0073
東京都杉並区下高井戸1丁目-2-1

電話03-6379-2071
診療科目・耳鼻咽喉科
・小児耳鼻咽喉科
・アレルギー科
・神経内科
・心療内科